不動産登記制度

不動産登記

 

土地や建物などの不動産には名前が書いてありません。
その不動産が現在誰のものなのかなんて、見てもわからないわけです。

 

しかし不動産を売買するときはそんなあやふやなままではいけませんね。
そこで活躍するのが登記簿です。

 

不動産に関する権利義務について登記簿に記載することを不動産登記と言います。
登記簿への記載は法務局で行われています。

 

登記簿に登録することで、その土地や建物が誰のものかはっきりします。
不動産売買には欠かせない書類なのです。

 

また登記簿はどこの場所の法務局でも、誰でも閲覧できる制度が設けられています。
これを登記簿制度と言います。

 

これで不動産の権利を持っている方は第三者に自分の財産であると胸を張ってを主張できるようになります。
不動産をめぐる権利を客観的にすることで不動産取引の安全を図り売買を円滑に行えるのです。

 

ちなみに登記できる権利は、所有権・地上権・賃借権・地役権・永小作権・抵当権(根抵当権)・質権・先取特権などがあります。

トップへ戻る